空き家・空室を活用したい方

住宅セーフティネット制度とは

空き家や賃貸住宅の空室を活用し、住宅確保が難しい要配慮者へ、住まいをご紹介する制度です。
要配慮者の入居を受け入れる賃貸住宅を登録することで、適正な改修工事への補助や融資などが受けられます。


セーフティネット住宅登録のメリット

改修にかかる費用の補助が受けられます(通常最大100万円/戸、耐震改修・間取り変更を含む場合は最大200万円/戸)。改修費の1/3は国から、1/3は自治体から出る(※)ため、実質1/3の負担で改修ができます。改修はトイレやお風呂、キッチンや壁などすべて可能です。
さらに、1/3の負担に関しても、国の機関である独立行政法人住宅金融支援機構(JHF)による改修費融資(最大8割)があり安心です。

※補助金の実施の有無については各市町村に問合せください

セーフティネット住宅登録のメリット

セーフティネット住宅の登録について

知事もしくは(政令市の場合)市長へ、必要書類を提出することで登録ができます。
猪本ホールディングスで取り扱う物件につきましては、登録代行サービスも行っております。どうぞお気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせ
電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

一軒家でのセーフティネット住宅登録も!

「両親が住んでいた一軒家を相続した」「田舎で誰も住む人がいない」「広すぎて管理するのも大変」といった空き家の悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。これまで田舎の一軒家などは、ファミリー層にも敬遠されがちで借り手が見つかりづらいというケースが多く見られました。
しかし、セーフティネットであれば「シェアハウス」として登録ができます。シェアハウスは、部屋数に応じて、複数人が住む住まいです。たとえ家賃の単価が下がったとしても、複数人が住むことで、より高い家賃収入が見込めます。シェアハウスとして改修する場合、1部屋が1戸とみなされ、補助も部屋数分可能となるため、空き家にお悩みの方はぜひご検討ください。

一軒家でのセーフティネット住宅登録





登録できないほど傷んだ住宅でも買い取り可能です

セーフティネット住宅として活用できないほど傷んだ空き家でも、猪本ホールディングスでの買い取りが可能です。
セーフティネット住宅登録をするしないにかかわらず、空き家でお困り・お悩みの場合はお気軽に問い合わせください。

メールでのお問い合わせ
電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
TOP
TOP